ウォーターサーバーレンタルを比較|ミネラル?硬水?どれがいい?

ウォーターサーバーが注目されている理由は?その魅力をご紹介

多くのご家庭で導入が進んでいるのがウォーターサーバーですが、注目されている理由について調べてみました。

 

メリットがあるからこそ導入されているので、メリットに関連する理由があると思ってください。

 

 

■価格が思ったよりも安い

 

スーパーなどで販売されているミネラルウォーターは、2リットル入りで100円前後です。

 

ウォーターサーバーの水については、12リットル入りで1,000円から2,000円ほどです。

 

スーパーの場合は1リットル当たり50円ほどで、ウォーターサーバーの水は1リットル当たり100円ほどです。

 

サーバー側のほうが少し高めに感じるかもしれませんが、多くの方の感想は「思ったよりも高くない」というものです。

 

スーパーはその度に買い出しにいかなければいけませんが、ウォーターサーバーは家に届くので買い物に行く回数も減らせるというメリットがあります。

 

 

 

■使い方が簡単

 

・蛇口をひねるだけ

 

サーバーの種類にもよりますが、基本的に操作方法が楽です。

 

冷水・温水の両方とも、蛇口をひねればすぐに冷たい水・温かい水が出てきます。

 

複雑な利用方法があるわけではありません。

 

 

 

・手入れについて

 

自分で衛生状態を保つということは考える必要があります。

 

しかし、サーバーによっては自動的にメンテナンスを行う機能を持っているタイプもあります。

 

管理についてもあまり手間がかかりません。

 

 

 

■飲みやすい軟水が多い

 

・硬度が100未満

 

水には硬度というものがあり、その高度はカルシウムとマグネシウムの配合率によって示されます。

 

硬度が高くなると飲み応えがありますし、低くなると飲みやすくなります。

 

多くの方がおいしいと感じるのは、硬度が100未満の軟水といわれるものです。

 

ウォーターサーバーの水はほとんど軟水タイプを利用しているので、味としても注目されています。

 

 

 

・超軟水もあり

 

硬度が30以下になると“超軟水”といわれるものになります。

 

味がとてもまろやかになり、冬でもごくごくと美味しく飲むことができます。

 

ウォーターサーバー業者の中には、超軟水を利用しているところもありますよ。

 

 

 

■水の種類が選択できる場合も

 

・RO水

 

・富士山系の天然水

 

・六甲山系の天然水

 

・木曽地方系の天然水

 

・日田地方系の天然水

 

上記したような水の中から注文する商品を選べる事もあります。

 

一つの業者に一つのタイプしか水がないというケースもありますが、いくつかの種類の味を確かめることも可能なわけです。

 

 

 

■お試しサービス

 

・1週間お試し

 

・2週間お試し

 

業者によっては、契約前にお試しサービスを利用できます。

 

1週間や2週間無料で確かめることができ、そのうえで契約するかを判断できるわけです。

 

利用後にお金を払うか決められるのも、ウォーターサーバーが注目されている理由です。

実際に契約してから設置するまでの流れについて【種類と方法】

ウォーターサーバーの導入を決定した場合に知らなければいけないのが、契約から設置までの流れです。

 

実際にどのような契約方法があるのか、という事も把握しておくべきですから順にお話ししますね。

 

 

 

■ウォーターサーバーの契約方法について

 

・ネット契約

 

・電話契約

 

・FAX契約

 

・代理店契約

 

様々な方法がありますが、最近特に利用されているのがネット契約になります。

 

パソコンだけでなくスマホからも利用できるので、大きなメリットがあります。

 

しかも、24時間いつでも申し込めるので、昼間に時間がない方も安心です。

 

 

 

・ネット契約の特徴

 

ネット契約の場合は、申込フォームに様々な情報を記入して送信します。

 

住所や名前など個人情報の登録も行います。支払い方法の決定もします。

 

 

 

・代理店契約の特徴

 

ウォーターサーバー業者にもよりますが、代理店を介して登録することも可能です。

 

店頭契約やネット契約ができます。

 

人の話を聞いて契約したい場合には、代理店契約を選択肢に入れても良いでしょう。

 

 

 

■支払い方法の決定

 

・クレジットカード

 

・口座振替

 

・銀行振り込み

 

・代金引換

 

支払い方法には以上のようなものがあり、その中で自分の利用しやすいものを選択します。

 

多くの業者でおすすめしているのがクレジットカードです。

 

他の支払い方法を認めていないケースもあります。

 

また、国際ブランドによっては、利用できないものもあるので事前に確認してください。

 

 

 

《ウォーターサーバー業者で使える事が多いカードブランド》

 

・JCB

 

・VISA

 

・MASTER CARD

 

・AMERICAN EXPRESS

 

(※少数だがDINERSやNICOSが使えるケースもあり)

 

銀行振り込みについては、法人契約のみという業者もあります。

 

サーバー業者としても、確実に代金を受け取れるクレジットカード支払いを希望しているので、契約を考えているなら用意しましょう。

 

 

 

■契約が済んだら・・・

 

サーバーが配送されてきます。

 

到着日時などを指定できることもあります。

 

自分で設置するケースと、スタッフの方が設置してくれるケースがあります。

 

業者方針による部分ですが機械の設定が苦手という方は、スタッフの方が設置してくれる業者を選択しましょう。

 

 

 

・無料お試しサービスの利用も検討すべき

 

契約する前に、サーバーをお試しで使うことも可能です。

 

無料で1週間や2週間ほどサーバーを貸し出してくれるシステムを持っている業者もあるのです。

 

無料お試しサービスを利用した場合は、無料期間終了後に契約するかを決定します。